相続税・贈与税申告について

相続税・贈与税申告までの流れ

 相続税・贈与税申告までの流れ相続では、亡くなった方のご遺志に添えるよう、誠意をもって対応させていただきます。相続にかかわるご家族のみなさまに心配やわだかまりが残ってしまうことは、亡くなった方が一番望まれないことだと思いますので、まず、よくお話を伺い、亡くなった方にも安心していただけるような相続を心がけています。
 相続は必ずもめる、といった言葉を耳にすることがありますが、実際にはそんなことはありません。ほとんどのご遺族の皆様は、亡くなった方に対して大変敬意を持っていらっしゃり、相続する財産についても、本来、亡くなった方が持っているべき財産だったと考えていらっしゃることが多いので、円満に相続手続きをされるケースが大半です。もちろん、相続というものは、相応に手間と労力を必要とする手続きです。ご家族の皆様の「協力」や「譲り合い」なしには成り立ちません。節税策に関しましても、今だけ節税できればいいと考えますと、かえって先々損になってしまう場合もありますので、目先の損得にとらわれてしまわず、将来のことまでを考えて判断していただく必要があります。また、相続の場合、税務署は、過去にさかのぼって、くまなく、すべての財産の動きを確認します。税理士に隠し事をされてしまいますと、正しい申告ができません。「こんなことまで税理士に知られるのは・・・」と思われることもあるかもしれませんが、ご遺族の皆様と税理士が二人三脚で乗り切るのが相続です。大切な方を亡くされた後で、精神的なご負担も大きい時期ではありますが、ご遺族の皆様が、「いい相続だった」と思えるような相続になるよう、しっかりサポートさせていただきますので、ぜひ安心して頼っていただきたいと思います。
 公的機関や金融機関での慣れないお手続きなども、窓口で困ることのないよう、わかりやすく手順を説明させていただきますし、手続きが複雑な場合など、必要に応じて同行もいたしますので、安心してご依頼ください。所長である私が担当させていただきます。

 また、生前に正確な財産を把握し、その後を考えておくことは、ご家族のためにも大変大事なことです。財産の評価額は、不動産をはじめ計算の仕方が特殊なこともあり、自己判断で計算してしまうと実際の評価額と大きく異なることもありますので、ぜひご相談ください。
 初回相談料は無料です。お気軽にお電話ください。

相続税申告までのおおまかな流れ ※ケースにより異なります。

ご依頼

ホームページお問い合わせフォーム、または当事務所にお気軽にお電話ください。

顔合わせ

お会いして相続に関わる事実確認と方向性の確認をします。

所得財産の把握

被相続人様の所有財産について評価額の確定作業をします。

遺産分割のお話し合い

遺産分割について、相続人の皆さまによる話し合いをして頂きます。

遺産分割協議書の作成

税理士が作成します。

相続税申告書の作成

税理士が作成します。

相続税の納付

納期限は被相続人様が亡くなられた日の翌日から10カ月以内です。

生前対策のおおまかな流れ ※ケースにより異なります。

ご依頼

ホームページお問い合わせフォーム、または当事務所にお気軽にお電話ください。

顔合わせ

お会いして相続に関わる事実確認と方向性の確認をします。

所得財産の把握

所有財産について評価額の確定作業をします。

相続税の試算

万が一の場合の相続税を試算します。

ご提案

相続税を軽減するための贈与、財産の売却、生命保険の加入等を検討し、最善のご提案をします。(場合によっては何も行わないほうが良い場合もあります)

手続き

お客様のご希望に沿ったお手続きをします。

贈与税申告までのおおまかな流れ ※ケースにより異なります。

ご依頼

ホームページお問い合わせフォーム、または当事務所にお気軽にお電話ください。

顔合わせ

お会いして贈与に関わる事実確認と方向性の確認をします。

贈与財産の算定

贈与財産について評価額の確定作業をします。

贈与税の算定

贈与税を算定します。

贈与税申告書の作成

税理士が作成します。

贈与税の納付

納期限は贈与があった年の翌年の3月15日です。