60歳のスパーク

 関根勤さんの舞台を観に行きました。
 昔、深夜にテレビで放映された関根さんの舞台をたまたま観たときには、ぜんぜんついていけなかったのですが、今回実際に観に行ったところ、8割くらいはついていけて、笑いすぎて涙をこぼしました。
 説教くささのかけらもなく、メッセージ性もまったくなく、ただただ笑わせるためだけにあれだけのことをする60歳、半端じゃありません。普通の人が、歳をとったり、キャリアを重ねたりすることで無意識に身につけてしまうものを、いったい関根さんはどこに上手に捨ててきたのでしょう。
 関根さんを見ていると、自分の持っているものを爆発させるような生き方をしたら、面白くない人なんていないんじゃないかという気にさせられます。

>>ブログ一覧はこちら