伝わらなかったジェスチャー

 マスクをしているので、レジなどで、特にビニールで飛沫対策がしてある場合など、「自分の声聞こえるかな」と思うこと、ありますよね。先日、コンビニで、着払い伝票を10枚もらおうとした時も、私は「着払い伝票を10枚ください」と言いながら、10枚ほしいということがわかるように、しっかり両手をパーにして自分の顔の前に出しました。もちろん「10」の意味です。でも、店員さんが「伝票ですね」と出してくれた伝票は、1枚。10枚と伝わらなかったのは、もう一度言えばいいとして、じゃあ私が顔前に提示した「両手パー」はいったい何だと思われたのでしょう。状況を理解していただくために、ぜひ皆様も、10枚、と言いたいときの「顔の前にしっかり両手パー」をやってみていただけたら幸いです。『おかあさんといっしょ』とかに出演しないかぎりしないであろう、かなりの元気ポーズですよね。それで「伝票1枚」頼むって、相当陽気なおじさんです。恥ずかしさを共有していただけたなら、救われます。

>>ブログ一覧はこちら