麻婆豆腐ランキング

 忘れもしない18年前、赤坂の『陳麻婆豆腐』を食べて麻婆豆腐の美味しさに開眼し、大の「麻婆豆腐好き」になった私。この税務がMAX繁忙期の中、夕食時の楽しみに「麻婆豆腐の食べ比べ」を敢行しております。食べ比べの対象は、ひき肉やネギなどの用意・調理がいらない、「お豆腐だけ入れればよい」という「各種メーカーさんの麻婆豆腐の素」です。すべて同じフライパン、同じお豆腐を使って調理しています。
 さて、あくまで私の個人的な好みですが、今のところ暫定1位はダントツで『中村屋 鮮烈な辛さ、しびれる麻婆豆腐』です。びっくりするくらい美味しいです。お豆腐にからむタレが多めの麻婆豆腐で(ゴロゴロお豆腐がメイン、タレは少なめ、というタイプもあるので)、香り良し、コク深し、よくこのお値段でこんなことができるなと感心してしまいました。中村屋さんの同シリーズ『コクと旨み、ひろがる麻婆豆腐』『辛さ、ほとばしる麻婆豆腐』も甲乙つけがたく、まさにお店の麻婆豆腐を食べているようでした。
 そして暫定2位は『丸美屋 贅を味わう麻婆豆腐の素』。もともと日本人の舌にとって「マーボといったら丸美屋」なわけですが、「昔ながらの味」という誉め言葉に満足しない見事な令和的進化に感動です。丸美屋さんの麻婆豆腐については、「贅を味わう」シリーズではない、オーソドックスなものも、甘口から大辛まで試しましたが、こちらもさすがロングラン商品!と思わせる安定感でした。
 続く第3位は『ヤマムロ 陳麻婆豆腐』です。成城石井さんで購入しました。成城石井の棚に陳列されると「少しお高めの品ぞろえだし目利きのバイヤーさんがうんぬんだし、美味しいはず」という期待を抱かれてしまい、そのハードルを越えるのはなかなか大変なことだと思うのですが、ヤマムロさん、そこを綺麗なフォームで越えてきました。しかも、今回は他と同じ条件で比べるためにフライパンを使用しましたが、まさかの「豆腐を加えて電子レンジでチンするだけ」で出来る強者です。タレはさらっとしているタイプですが、満足感は濃厚。そして少々お高めかと思わせての「2袋入り」。これは麻婆豆腐好きのハートをわしづかみです。
 CookDoさんの『黒麻婆豆腐』に関しては、個性的なお味で今回は私のランキングにはランクインしていませんが、最初は「わからないな」と思った味が後からやみつきになることもよくあるので、ダークホースとして今後も注目していきたいところです。麻婆豆腐で心身ともにホットになったところで、また仕事に戻ります!

>>ブログ一覧はこちら