ワインカスクブレンド

 昭和の時代、おじさんたちが愛したリッチなウイスキーといえば、オールドパーかジョニーウォーカーでしょう。そのステイタスあるジョニーウォーカーから今回、「ワインを作るのに使った樽で、ウイスキーを寝かせて、香りづけをする」という、「ワインカスクブレンド」が発売されました。お値段はお店にもよるかと思いますが、1,800円程度です。定番と同じラベルが、ほんのりワイン色になっているところが洒落ています。わかってるなあ、と思います。大物感にあぐらをかかず、かといってイメージを軽くしてしまったりもしないバランス感覚が絶妙です。ウイスキー本来の味が好きだから余計なことはしないでくれ、という方もいらっしゃるかもしれませんが、私はとても好みでした。
 ジョニーウオーカーには、ジョニ黒、ジョニ赤などがあり、ジョニ青が一番高価で、私も飲んだことがありません。妻にその話をしたら、「じゃあ、つぎの誕生日にはジョニ青プレゼントするよ!」と、思いもよらぬ優しい言葉が返ってきました。しかし、2万円近くするよと伝えると、「じゃあ・・・家計に余裕があったらで。」という急に現実的な回答に。誕生日の2月、我が家の家計に余裕がありますように。

>>ブログ一覧はこちら