為せば成る

 スポーツクラブでのことです。いつものようにランニングを終え、シャワーを浴び、更衣室で着替えをしました。パンツをはきます。短パンをはきます。そして残りの一枚、Tシャツを着ようと手に取ったところ、それはまた短パンでした。???。どうやら、着替えを用意したときに間違えて、Tシャツを入れ忘れ、短パンを2枚入れていたのです。
 これから自宅に帰るのですが、このままだと、上半身に着るものがありません。短パンをどんなに見つめても、Tシャツにはなりません。
 私は、自分にどんな選択肢があるのか考えました。たとえばタオルはあるので、「ふー、気持ちよかった!」みたいな顔で、肩にタオルをかけ、そうすることがあたかも自分にとっては普通であるかのように、上半身裸でスポーツクラブを出て行く。いや、ありえません。ギリギリ、スポーツクラブのロビーはそれで通れたとして、そのあとはどうするのでしょう。
 残る選択肢は、ランニングの時に着ていたTシャツです。しかし、これは大量の汗にまみれた状態で、洗濯袋の中にぐっちゃりとまるめられており、とても今から着ようと思える代物ではありません。
 と、そこに、アイデアの神が降りてきました。スポーツクラブの、プールで泳いだ皆さんが使っている「5秒ボタンを押し続けると水着がけっこう乾く」みたいな、あの脱水機です。私はおもむろに、汗まみれの自分のTシャツを手に取ると、水道でジャバジャバと水洗いしました。そして、脱水機に投入、ボタンをプッシュ!
 かくして、そこそこ乾いたTシャツを着ることができた私は、為せば成るという妙な自信と達成感を得て、すがすがしい気持ちでスポーツクラブをあとにしました。長いブログになってしまいました。

>>ブログ一覧はこちら