ニッポン百年食堂

BSフジで放送している『ニッポン百年食堂』を録画して見ています。日本で百年以上続いている老舗のおそばやさんや、定食屋さんなど、地方を含め、庶民的な食堂を巡る番組です。今私が見ているのは再放送なのですが、百年続いているお店の雰囲気やその料理が見たくて録画したはずが、次第に、食レポを担当している伊藤章良さんのリアクション、という切り口で楽しむようになってしまいました。伊藤さんはきっと素直な良い人なのでしょう、食べた料理を毎回同じようにほめているつもりでも、心から美味しい時と、そうでない時の反応が微妙に違います。料理が美味しい時は、なにか嬉しいことがあった少年のようなうきうきしたオーラが出ているのですが、イマイチな時は、「あっ」「これは・・・」とコメントが出るまでに時間がかかり、ちょっとオドオドして、口では料理を褒めながらも動揺が隠せずセリフを噛み、さらには「今のリアクションで大丈夫だったかな?」と不安げな上目づかいで、カメラのほうにいるであろうスタッフの顔をチラと見たりします。最終回まで応援し続けたいです。

>>ブログ一覧はこちら