期間限定商品

 車で外出中、腹をすかせた息子の希望で、かつ私も腹ペコだったので、牛丼のすき屋さんのドライブスルーに寄りました。私は常々、外食の時には、そこがマクドナルドであれ、行きつけの定食屋さんであれ、どんなに美味しいとわかっている定番が自分の中にあっても、「新商品」「季節限定商品」などが出た場合には、必ず優先してそちらを頼もうと決めている人間です。たしかに息子が「俺これにする!」と言った、牛丼に玉子とネギが載った「ねぎ玉牛丼」は、間違いなく美味しいでしょう。知っています。定番です。私も大好きです。でも、運転席の目の前に「期間限定 なすアラビアータ牛丼」ののぼりがはためいていたならば、私にとって、それを頼むことが使命ではないでしょうか。ただ、この牛丼をかきこみたい超腹ペコな時に、ナスとトマト。若干の不安がよぎります。
 さて数分後。「うまっ!なにこれうまっ!超沁みる!」とねぎ玉牛丼を無邪気にかきこむ息子。もしも私が、その時息子の横で、大きく文字の書いてあるTシャツを着ていたとしたら、そこには筆文字で大きく『惨敗』と書かれていたでしょう。もちろん、なすアラビアータ牛丼も大変美味しいので、ぜひ機会のある方は召し上がってみてほしいのですが、少し洋風で、ザ・日本の牛丼、をガッツリかきこみたい時はやっぱりオーソドックスな牛丼が一番いいなという感想を抱かざるを得ません。息子の牛丼が、牛肉にかかる玉子が、青いネギが、輝いて見えます。羨望のまなざしに気付いたのか、「こっちもひとくち食べてみる?」という息子に、いいよ、自分の分は自分で食べなさい、と消え入るような声で言うのが精いっぱいでした。

>>ブログ一覧はこちら