わたしの伝説

 中2の息子と相談に相談を重ね、妻を説得して任天堂の新しいゲーム機、スイッチを購入しました。そのゲーム機でできる、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』という評判の高いソフトに息子がはまり、羨ましくて私もやってみました。しかし人生初のロールプレイイングゲーム、これがなかなか思うように進みません。まず最初に主人公・リンクの衣服を見つけて着用するはずだったらしいのですが、それをスルーしてしまったため、上半身裸のまま冒険に行くことに。その後もぐるぐると似たような場所をまわって進展のない様子に気づいた息子から、「なんでまだ裸なの!」に始まって、ダメ出しと指示の嵐が吹き荒れました。「食べ物は生で食べちゃだめなの、料理して!」「虫つかまえて薬つくって!」「馬に乗って、Lボタンでなだめて!そのボタンじゃないってば!」「こんな下手な人がいるなんて任天堂も驚いてるよ、ある意味伝説だよ!」、しまいには「見ててイライラする!」とリモコンを没収され、自分の馬には格好いい名前をつけているくせに(捕まえた馬には名前がつけられるのです)、私の馬には「バフゴロー」とバフンのような名前をつけられる始末。ちなみに今息子が装備している武器は『王家の剣』とやらで強さが71あるのですが、私の武器は『木の枝』で強さは2でした。やっと強さ14の『兵士の剣』も手に入れましたが、仕事でまたしばらくゲームをする時間がないので、また差をつけられてしまうのが心底悔しいです。

>>ブログ一覧はこちら