はじめての鍼

 先日、急に背中の肩甲骨のあたりに結構な痛みを感じ、首を動かすのも辛くなってしまいました。何かの拍子にひねって痛めてしまったのか、寝違えたのかもしれません。運転中に右後方を確認する、といった動作もロボットのようにしか動けず、野球部の練習もあるし、どうしたものかと、当事務所のお客様でもある鍼灸・マッサージの方に相談したところ、診てくださるというので、行ってきました。私は鍼については知識も経験もなく、注射も苦手です。刺すってこわい、と尻込みしてしまいます。家を出るまえも「鍼はちょっとな、マッサージでなんとかしてもらおう。」と妻に言ってから治療院へ。でも、なんとなく頭のかたすみでは分かっているのです、この流れだと、鍼になっちゃうんじゃないかな、と。だからなおさら言わずにいられません、通していただいた診察室でも、スタッフの方と談笑しながら、「いやあ、鍼はできれば、ちょっと・・・」。言えば言うほど鍼に近づいていく気がします。そしていざ先生がみえました。私の症状を聞いて、「鍼、しますか?」やっぱり鍼でした。
 最初の1本目こそ心の中でキャー!と思いましたが、これが驚いたことに、施術していただいたその日の夕方には、ほぼ普通に野球ができ、次の日にはほとんど痛みが消えていました。痛くて首すら動かせなかったのに、すごいです。似たような痛みでお悩みの方がいらっしゃいましたらご紹介しますので、ぜひおっしゃってください。

>>ブログ一覧はこちら