どんな健康法?

 メールの最後に、差出人として自分の名前を入力することがありますよね。私は健(けん)という実にありふれた名前なのですが、パソコンやスマートフォンで「けん」と打つと、「県」や「件」、「券」「権」「剣」などなどが先に出てきて、「健」という選択肢は大抵6、7番目です。そのためおそらく、私が『健康』と入力して「健」の字を出そうとしたことが発端でしょう、いまでは自分のスマートフォンで「か」と入力すると一番最初に「川之上健康法」と出てきます。名前を打つ時にはそれを「康法」だけ消して「川之上健」にするのが普通のことになっていました。そして先日、いつもと同じようにメールを書いて送信してから、ふと次の瞬間、ん?と思いました。送信したメールを見て冷や汗です。差出人「川之上健康法」。消していませんでした、「康法」を。時すでに遅し、覆水盆に返らず、届いた方は『川之上健康法』って何ですか、です。メールの送信先は失礼のあってはならない目上の方ですが、幸い学生時代から私をご存知の恩師だったので、ギリギリセーフといったところでしょうか。次回お会いするまでに、どんな健康法なのか考えておかねばなりません。

>>ブログ一覧はこちら