野球大会

 昨日は東京税理士会の野球大会があり、出場してきたのですが、その前日に、同じ野球部の先輩で、広報担当の税理士さんから電話があり、「怪我をしてしまってやむなく休むので、自分の代わりに野球大会の写真を撮ってきてほしい」と、カメラマン代行を仰せつかりました。
 私は積極的にカメラを持ち歩いたりするほうではないのですが、正直、撮らせたら、ちょっとした上手さです。
 さて当日。野球部に入りたての部員さんの写真も撮っておいてほしいと言われていたので、手始めに新人部員さんの素振りをパシャッ。桜が咲いていたので、もちろん桜も入るアングルにしたのが、さすが自分です(自分の素振りは?)。そして、みんながウォーミングアップをしているところを自然な感じでパシャッ。このチームメイトと談笑しながらウォーミングアップみたいな雰囲気が撮れてしまうところにセンスを感じます(自分のウォーミングアップは?)。だんだん乗ってきて、グラウンドで小さく輪になって真剣にミーティングをしている緊張感を、アップでパシャッ、引いてパシャッ。この顔いい!この角度いい!とやっていたらミーティングの内容全然聞いてませんでした。
 試合が始まってから気づいたのが、みんなと喜びたい時に、一緒にイエーイ!とハイタッチして喜んでいたらシャッターを切れない、ということです。誰かが打った時や、得点が入った時こそ、いい表情が撮れる絶好のチャンスなので、そんな瞬間はカメラを構えていなければなりません。
 試合は惜しくも6対7で敗れてしまい、私もバッティングセンターでの自主トレのかいなく、三振とファウルフライという振るわない成績だったのですが、写真は何か地元のコンテストにでも出したら入賞して魚沼産コシヒカリとかもらえちゃうんじゃないかという完璧な出来映えです。次は野球で結果を残したいです。

>>ブログ一覧はこちら