芸術の秋

DSC_0893 年明けに、六本木の美術館にラファエル前派がやって来るということで、図書館でラファエル前派の本を借りてきました。私にとっては、美術史研究会というサークルに所属しはじめたばかりの大学1年の時、美術史に詳しい、少し変わったというか、とても頭のいい先輩に「みてみて~かわのうえちゃん」とラファエル前派の絵を強制的に見せられ、それらの絵がどんなに素晴らしいかを一方的にまくしたてられ、ラファエルゼンパってなんのことだ、その単語はどこで切れるのだ、みんなやたら絵に詳しくてやっぱりこのサークル肌に合わない気がする、という引いた感想を抱いたのがラファエル前派との出会いでした。
 その後、美術史に特別くわしいわけでもないのに美術史研究会の委員長をやらされるはめになるのですが、当時はがんばって飲みつぶれた後輩の介抱などをしており、今さらながら本を借りて勉強している次第です。
 ちなみに、今朝もジョギングしてきたのですが、今、近所の多摩中央公園の紅葉が本当に綺麗です。歴史的に価値のある絵も是非足を運んで見たいですが、今自分の目の前にある生の景色も芸術的と言いたくなる素晴らしさで、贅沢な光景だなとしみじみです。どちらも満喫したいです。

>>ブログ一覧はこちら