税金で損をするより損なこと

 こうしないと損をします、とか、大変なことになります、とか、むやみに危機感をあおるようなものの言い方をするのは、個人的には好きではありません。またまた会計の話になってしまいますが、平成27年の相続税増税のことです。もちろん節税のために対策を打ったほうがいいケースも沢山ありますが、税金を安くする、ということだけに気をとられて安易に対策をうってしまうのは、それこそ失敗を招く危険性もあるので、よく注意して行うべきです。この場合の「失敗」とは、たとえ税金が安くなっても、のこされた家族の方にとって円満な相続にならないケースのことです。
 税金が少しでも安くすむなら家族がもめてもかまわない、という方ならともかく、のこす人にとっても悔いや心配がなく、のこされた人にとっても、大事な人との関係を損ねることなく安心して暮らしていける相続にするのが第一だ、という視点をきちんと持ったうえで、対策をうつことが肝心と考えます。

>>ブログ一覧はこちら