真面目な仕事

 私がいつも使っている会計ソフトは、たとえば「6226」と打てば「福利厚生費」、「6218」と打てば「通信費」という仕訳科目が出てくるようになっています。この番号を覚えていないと当然入力の仕事がとんでもなく遅くなるわけですが、この番号は初期設定があるものの、自分で設定を変更もできますし、会計ソフトによってそれぞれ初期設定の番号が違うので、仕事先の会社さんや、そこで使われている会計ソフトによっては、この番号を覚えなおさなければなりません。
 そのため、自分と違うソフトを使うときは、その場で科目の数字を語呂合わせで覚えています。先日の仕事先では、「通信費」は「318」なので「サイバー(ネットのイメージです)」、「旅費交通費」は「317」なので「サイナラ(駅で手を振っているイメージです)」、「修繕費」は「312」なので「さぁイツ直そう」、「水道光熱費」は「313」で「さいさん電気使った(実生活では節電を心がけています)」、「車両費」は「324」なので「車はサニーよ」。いたって大真面目にやっていることなのですが、走り書きしたノートを妻に見られ大笑いされました。正確かつ迅速な仕事を目指し、今後も精進します。

>>ブログ一覧はこちら