ローカルラジオ

 あんなに賑やかだったセミの鳴き声が聞こえなくなり、かわりにトンボがあちこちを飛んでいるのを見るにつけ、すっかり秋を感じます。夏のあいだ、暑さやら仕事の忙しさやらを言い訳に、ジョギングをさぼりがちだった私ですが、来月ハーフマラソンに出ることになっていたのをはたと思い出し、急いで体をそれに合わせなければと、あわてて走り始めています。
 さて、少し前まではラジオというものは原則として、電波が入る範囲のものしか聞くことができなかったのですが、今年の4月1日からラジコプレミアムといって、ネットを通じて、北海道から沖縄までのラジコに加盟しているローカルラジオ局のラジオ番組が、ほとんどすべて聞けるようになりました。これはラジオ人間である私にとっては本当に待ちに待った大革命で、現在も朝は愛媛県、昼間は北海道、など、あちこちのラジオを聞きながら仕事をするのを大変楽しみにしています。野球の中継も、あえてローカルで聞くと、地元の球団へのえこひいきがすごくて、東京で聞く解説とまた違ってとても面白いです。
 ローカルラジオを聞きはじめてから、最初、えっ、と思ったのが季節や天気の話題で、「これから桜がいちばんいい季節ですね~」などと、桜がとっくに散ってからラジオで言われたりすると、一瞬アタマが「?」となってから、ああ、北海道はこれから春なのか、と納得して、妙に感じ入ったりしました。
 天気予報も「今日は午後からぐずついた天気で傘が必要でしょう」などと言われると、そうか今日は雨が降るのか、と思ってしまいますが、東京のことではないので、そのたび、ああ、愛媛県でぐずつくのね、と思いなおして聞いています。

>>ブログ一覧はこちら