ミナミオーサワ?

 仕事の帰りに調布から橋本行きの電車に乗っていると、少し間をあけてとなりに座っていた、身なりの整った外人男性に、「ミナミオーサワ?」と聞かれました。「ああ、行きますよ」と思いきり日本語で答えてうなずいて見せたあと、京王多摩センターで降りる私は、あと二駅ですよと言ってあげたかったのですが、2つめで降りることをツーステーションというのもセカンドステーションというのも違う気がします。しかたなく即座に手帳を破って「This station is Keio-Tamacenter→Next Keio-Horinouchi→Next Minami-osawa」と走り書きをして渡し、二駅めだという気持ちを精一杯こめて、笑顔で、手で2の形(ピース)をつくってみせました。
 彼は「アリガトー」とさわやかに言ってわかってくれたようでしたが、外人さんの顔におしつけるように大きくピースをして笑顔をつくっている自分の姿を客観的に考えてみて、それまでのやりとりを知らない人はどう思っただろうと、降りたあと恥ずかしかったです。

>>ブログ一覧はこちら