バージョンアップ

 税理士の方や税理士事務所のスタッフの方々を対象とした、相続税や消費税の講師をつとめさせていただくことがあるのですが、私の講義はあえて休憩の回数を多めにとっています。講義を聞くなんて、眠い時はどんなに根性出しても眠いですから、こまめな10分休憩中に熟睡なり気分転換なりしていただき、また40分後には休憩だということを心の支えに集中力を発揮していただこうというスタイルです。また、一般的な講義では午前の部が10時~12時、午後の部は1時~5時というスタイルが慣習なのですが、私の場合は午前の部を10時~13時、午後の部を14時~17時と、午前も午後も3時間にし、午後の「長い感」の軽減を図っています。お昼が13時からになるので、食事処もピーク時より空いているという特典付きです。
 講義をしていると、受講者の方が増えていること、個別質問も多いことなど、税理士業界、いい仕事をしようと、みなさん頑張っていることが伝わってきます。せっかく足を運んでもらって、時間をいただくからにはいい研修にしたいと、研修前には私もかなり睡眠時間を削って用意をしていることが多いので、みなさんのやる気が伝わってくると、本当に励みになります。
 昨年までは講義中、パワーポイントで出した映像を、昔の学校の先生のような、伸縮する長い棒を使って指し示していたのですが、今年は頑固に使っていたアナログ棒を卒業して、レーザーポインターを購入しました。たまにボールペンをかざして、あれ、レーザー出ない、ということもありましたが、画像の近くまで移動しなくても指したい部分を指し示せるので、非常に便利ですね。今年度の講師は終わったので、また来年度何かバージョンアップを考えたいと思います。

>>ブログ一覧はこちら