トリプルプレイ

 先日、税理士会野球部の試合があり、八王子支部という強豪チームと対戦しました。結果的には10対9で負けてしまったのですが、ダブルプレイならぬトリプルプレイが出て興奮しました。ダブルプレイだって草野球ではなかなか難しいのです。
 ノーアウト満塁の場面で、バッターがサードゴロ→サードはキャッチャーにボールを送り、まず三塁ランナーがアウト→キャッチャーがファーストの私に送球(このキャッチャーからファーストへの送球はバッターランナーと重なって投げにくいのですが、素晴らしい球でした)でバッターアウト→そこで2塁ランナーが果敢にホームに突っ込んできたのに気づいて、私が瞬時に(のつもり)ホームへ矢のような(のつもり)送球→ランナーアウト、でトリプルプレイ成立です。
 チームの先輩方にも大変ほめられ、自分でもうまくいって嬉しかったのですが、一方では、一瞬の隙をついて突っ込んできた相手選手に迫力を感じました。さすが強いチームは違います。大人になってもやっぱり本気でやるゲームはエキサイティングです。

>>ブログ一覧はこちら