ジャンクレコード列伝

DSC_0917 毎月恒例、100円均一のジャンクレコードをチェックしに、中古品を取り扱っている店に行ってきました。今回の掘り出しものは「昭和58年度卒業記念レコード はばたけ未来へ」です。
 小学校の校庭に並んでいる小学生たちの写真が写っているジャケットの通り、このレコードは広陵小学校という小学校を卒業する6年生の卒業記念に作られたもので、生徒みんなで歌っている歌声や、また、6年間の思い出、将来の夢などを、6年生がかなり棒読みで、時に当時のギャグを交えて劇仕立てで、やりとりしている生の声が録音されているという、普通のレコード店では売っているはずがないレコードなのです。しかも、このレコードの小学生たちは、計算すると今おそらく自分と同じ歳になっているはずなので、奇遇な親近感もわいて購入決定です。
 まず最初の、さほど上手ではないけれど頑張って高音と低音にわかれている「ふるさと」の歌声を聴きながら、いや、さほど上手でないところがまたきっといいのでしょう、ここからどんな人生を歩んで、今はどんなふうに過ごされているんだろうと、つい感情移入してしまいます。今だったら大人に即修正されてしまいそうな笑える発言もたくさんあって、このレコードは大変楽しませていただきました。ジャンクレコード、まだまだ奥深しです。

>>ブログ一覧はこちら