アナログゲーム

t02200165_0800060012621953401 新聞か雑誌で、九段下に輸入もののボードゲームを扱った店ができたのを知って訪れたのが、たぶん20年くらい前で、以来、アナログゲームをちょこちょこ買い足しています。
 ファミコンの登場でテレビゲームに青春の多くの時間を費やし、授業を抜け出してゲーセンに行って先生に尻を叩かれる高校生活を送ってはいましたが、ボードゲームやカードゲームなどのアナログゲームも好きです。トランプも7種類くらい持っています。ブラジルやイスラエルのトランプも買いましたが、アメリカ製のバイスクルがだんとつで使いやすいので、サイズ違い、色違いなどで購入しました。
 テレビゲームはコントローラーの操作が主な作業ですが、アナログは、ゲームによってカードや駒の感触が違いますし、特に海外のものは、視覚的にも楽しいものが多くて、脳の別の部分を刺激される気がします。
 すべて同じ店で買ったわけではありませんが、最初に行った九段下のお店の格好良さは印象的でした。当時小さくてボードゲームの箱がひたすら積まれていた店舗は、今は大きくなって水道橋の駅前に移転されていますが、ながく続けてほしいお店の一つです。

>>ブログ一覧はこちら