そこまでではないだろう

芝生 息子の小学校の授業参観の一環で、芝刈りの手伝いに行ってきました。校庭が芝なのです。
 見た目も美しく、心地もいいのですが、芝の手入れは重労働です。
 私もおやじの会の会員のはしくれなのですが、本当にいつも頑張ってくださっているお父さん方や先生方には頭が下がります。
 普段からちょくちょく顔を合わせている子供たちと一緒に芝刈りをしたのですが、まっすぐ刈れといってもなかなか言うことをきかない(力が必要で難しいのもあって)ので、教えるのにひと苦労です。さらに子供たちは、歳相応に出ている私の腹を「さわらせて~」ともみもみし、歳相応に薄くなっている私の頭髪を「つるつるアフロヘッド」と名づけて盛り上がり、私の反論もむなしく、「ウルトラマンつるつるアフロ、必殺技は脂肪バリア」「アフロのかつらを飛ばして相手をびっくりさせることができる」などと話が大いに展開、芝刈りの大変さとは違うところでダメージを受けて帰ってきました。

>>ブログ一覧はこちら