あっしにとっちゃ・・・

飛車角 内田吐夢監督の「人生劇場 飛車角と吉良常」という映画を観ました。ジャンルでいえば任侠ものになるでしょうか、高倉健さんや鶴田浩二さん、藤純子さんをはじめ、とにかく豪華な俳優陣で、とりわけ吉良常役の辰巳柳太郎さんが素晴らしかったです。辰巳さんは、最後は死んでしまう役なのですが(以前観た「わが町」でも死んでしまう役でこれも秀逸でした)、男を泣かせるなら辰巳さんに限ると染み入りました。
 また、辰巳さんが、人をあやめた飛車角役の鶴田浩二さんをかくまって、酒を一杯呑ませてやるシーンがあるのですが、酒をすすめる辰巳さんの格好よさもさることながら、酒をついでもらった鶴田浩二さんが「・・・あっしにとっちゃ仏水(ほとけみず)」と渋い顔で言うところがまた大変格好良いのです。つい自分も渋い顔で使いたくなってしまいます。ジョギング途中の自販機に「・・・あっしにとっちゃ仏水」、風呂上りの冷蔵庫のまえで「・・・あっしにとっちゃ仏水」、マンションの草むしりの後もらえるジュースに「・・・あっしにとっちゃ仏水」。もちろん実際口には出しませんが。影響を受けやすい男です。

>>ブログ一覧はこちら