『スーパー吉田校長先生のじゃくてん』

 息子の通う小学校では、読み聞かせの時間があり、保護者が持ちまわりで絵本や本の読み聞かせに行っています。私も年に3回ほど読み聞かせに行っているのですが、小生、絵本の仕事もちょこちょことさせていただいてております関係で、せっかくなのでと、去年はみんなの担任の先生の絵本『あぶかわ先生の休日』というオリジナル絵本を作っていきました。先生のご協力もあって、正直大ウケでした。その時はまだ5年生で、道に犬の何かが落ちていているだけでも大爆笑、な年齢だったので、担任の先生の話だし、笑ってくれるかもしれないな、という期待感はあったのですが、さすがに今年はもう6年生、6年生ともなると見た目も中身もほぼ中学生です。絵本を読んであげて大笑いしてくれるなどということがあったら小さな奇跡です。笑ってもらおうと思った場面で、冷たい視線、とか、舌打ち、とかされたらこちらは泣いてしまいます。しかし本当に中学校に上がったら、もう「絵本を作って読んであげる」などという機会もないので、やっぱりスベってもいいから作っていこうと、今回は、校長先生の絵本を作らせていただきました。その名も『スーパー吉田校長先生のじゃくてん』。いつもパリッとスーツを着こなし頭脳も明晰な吉田校長先生の、たったひとつの弱点とは・・・!なるべく事実に基づいた細かいネタをたくさん入れようと、あらかじめ校長先生にインタビューし、子どもたちに喜んでもらうこと第一で作るので校長先生に対して多少失礼もあるかもしれない旨ご快諾いただき、共同作者である妻と絵本を作成。世界堂さんで厚紙等々を買って製本もして、読む練習もして、さて当日。生徒さんたちから上がる大きな笑い声に、すっかり作った大変さも吹き飛びました。わざわざ見に来てくださったお母さま方からは、「うるっときちゃったよ~!」と言っていただいて、本当に気持ちの良い生徒さんと保護者の方々に恵まれて、ありがたい限りだとしみじみでした。みなさまご協力ありがとうございました。

>>ブログ一覧はこちら