家庭教師と呼ばれて

 お客様から、高校受験を間近に控えたお子様の成績が芳しくないというお話をお聞きし、私も世間話程度に、塾の講師や家庭教師のバイトを学生時代にしていた関係で知っている範囲で受験勉強や偏差値の話をしましたところ、空いている時間で構わないから勉強を見てもらえないかと家庭教師を頼まれてしまいました。すでに受験まで4カ月を切っていたので、確かに今から塾を探すのは時期的に難しいであろうと思い、短期間で付け焼刃になってしまいますがと、および腰ながらお引き受けすることに。
 受験となるとお子さんにとっては一生を左右する問題なので、責任重大です。仕事の空き時間と、FAXでのやり取りを駆使して、数学に、英語に、面接対策にと、とにかく結果を出すために、ない頭をひねって指導に励むこと3カ月、先日、見事、当初の成績より偏差値が10以上高い高校に合格してくれました。
 かなりのスパルタ式だったのでよくついてきてくれたと思いますし、結果オーライとはいえ、賭けに出た部分も多かったので、もはや自分の抱えているすべての仕事が無事完了したかのようにホッとしてしまいましたが、本業の税理士業界はこれからが確定申告本番です。若人に粘り強さと晴れ姿を見せてもらったことをはげみに、自分も今まで以上にいい仕事をすべく頑張りたいと思います!

>>ブログ一覧はこちら